ご挨拶・理念
基本理念
施設長挨拶

「ゆのそ苑」は60歳以上の健康で自立した生活が送れる方が、’ゆったり’と余生を送る高齢者施設として、厚生労働省認可のもと、昭和54年10月開設いたしました。今年で35周年を迎えます。
当苑は、数多くある種類の高齢者施設の中でも利用料が最も安く、しかもスタッフが揃っており、自立した日常生活を送る為の支援も充実して、低所得者の方や、家庭環境、住宅事情等の理由により、居宅において生活することが困難な高齢者も安心して快適な生活を送ることが出来ます。
築35年ということもあり建物は老朽化しておりますが、入居者の時代の変化に対応し利用ニーズに沿う様、エレベーター設置、廊下の手すり設置、居室の洋室化(ベット利用)、浴室のバリアフリー化等大規模修繕、改修工事を行なって参りました。また平成21年度には、地球温暖化問題への対策として太陽光発電設備を導入致しました。
「ゆのそ苑」は、自立した日常生活を送ることに不安を抱えた入居者が、健康で安心・安全に暮らせる施設として、当苑での生活そのものが、’リハビリ’となり、入居者の’自立’へ結びついているものと思っております。
できるだけ長く自立した生活を送っていただける様に、スタッフ一同協力して支援して参りたいと考えております。
今後ともよろしくお願いします。
久英会採用情報
採用状況